海外研修情報

ニューヨーク食市場研修日誌 vol 1

レポート作成 写真提供 株式会社ニックフーズ 商品開発室長 楠本哲也 氏

HOME > 海外研修情報一覧 > ニューヨーク食市場研修日誌 vol 1

TRADER JOE'S

アメリカ繁盛店研修全米22州とワシントンDCに294店(2007年度)展開。1958年、ジョー・コロンビーにより設立。



アメリカ繁盛店研修トレーダー・ジョーズという冠でスタートしたのは1966年カリフォルニアである。



アメリカ繁盛店研修大型店舗ではなく、CVSよりも大きく、食品特化型の小型スーパーである。生鮮のこだわり、プリペアーフードの増加、一昨年あたりからミートボールが増えてきた。2006年には顧客満足度調査でWegmansに続いて2位を獲得。


RAPHAELワイナリー

アメリカ繁盛店研修テイスティングは2ドルから5ドルと結構なお値段。7.99ドルのワインを購入。ワイナリーの営業だけではなく、テイスティングによる顧客開拓、パーティなども行っている。



アメリカ繁盛店研修テイスティングは2ドルから5ドルと結構なお値段。7.99ドルのワインを購入。ワイナリーの営業だけではなく、テイスティングによる顧客開拓、パーティなども行っている。


IPPUDO NY(博多 一風堂 ニューヨーク店)

アメリカ繁盛店研修博多一風堂が2008年3月31日に開業。カウンター、テーブルで80席。ユニオンスクエアの南側にある。
2009年のザガットに掲載されるほどの話題店舗になっていて今日も満席、ウェイティング。14名で申し込むが17時まで待たないと一緒に案内は出来ないとのこと。次もあるので諦めてカーネギーデリに行くがこちらもウェイティング。


HOOTERS

アメリカ繁盛店研修全米に429店舗、アメリカ国外に19店舗を運営。店舗で働くウェイトレス(HOOTERSガール)は白地のタンクトップにオレンジのホットパンツというコスチュームでサービス。店内で男性客がフクロウ(HOOTERS)のように目をキョロキョロさせることからこの名前がついた。口元に笑みを浮かべて元気よく、『ハ~イ、ジェニーです、よろしく!』、呼ばれれば、テーブルに走って来て『ごめんなさい、遅れちゃって』などと言うマニュアルがあり教育されている。誕生日と言えば直ぐにHOOTERSガールが集まってお祝い、記念撮影のサービスがある。暇なときはHOOTERSガールが隣に座ってお喋りに付き合ってくれるのである。日本では『居酒屋はなこ』が最も近いスタイルか?



アメリカ繁盛店研修バッファローウイング
メニューは典型的なアメリカン・レストランでハンバーガーにバッファローウイング、オニオンリングなどのヘビーな内容である。50ピースで48.99ドル(88.1円/本)。



アメリカ繁盛店研修スチームド・シュリンプ
1/2ポンドで12.99ドル。



アメリカ繁盛店研修ステーキサンドイッチ
ステーキサンドイッチは6オンスのリブアイステーキ12.99ドル、ポテトサラダなどを含めて423g、2,764円/kgは結構な価格である。サンドイッチ自体は肉の塩分が強すぎて本来の味わいを楽しめなかった。おにぎり同様にサンドイッチは塩分を強くしないと食べにくいが、牛肉の味が感じられなくなるほどは疑問であった。ソース、たれの文化が定着していない。


LOBEL'S

アメリカ繁盛店研修ドライ・エージングの元祖。CIA(カリナリー・インスティチュート・オブ・アメリカ)で食肉の教鞭もとるプロフェッショナル。1840年創業で今は3代目が事業を継承。骨付きのエージングから近年はバキュームパックエージングも並行して行っている。過去、2度購入して食べた経験があるが、ドライ・エージングの力は素晴らしい。



アメリカ繁盛店研修ニューヨークカット、ポーターハウスで約1万円/kg前後。1990年代の初め頃と比較するとローストチキン、ソーセージ、ソース、煮込み、塩など取り扱いが広がった。



アメリカ繁盛店研修プライム・ミートという食肉のカテゴリーでローベルが選んだ最上のものを提供する姿勢が見られる。



アメリカ繁盛店研修ステーキサンドイッチ
ブッチャーの塩 25ドル。


ELI'S

アメリカ繁盛店研修ELI'S
マンハッタンのグルメデリストアの新しい代表格。



アメリカ繁盛店研修店頭ディスプレイの様子



アメリカ繁盛店研修スカートステーキ
17.99ドル/LB(3,570円/kg)



アメリカ繁盛店研修野菜売り場
昨年より清涼感を推し出していた



アメリカ繁盛店研修緑色野菜とローストガーリックのサラダバー



アメリカ繁盛店研修オリーブ売り場



アメリカ繁盛店研修珍しいプロシュートのバケット



アメリカ繁盛店研修生パスタ売り場の増強



アメリカ繁盛店研修チーズ売り場



アメリカ繁盛店研修thinsというクラッカーの様なもの



アメリカ繁盛店研修3年前より流行っている
自家製ポテトチップス


ZABAR'S

アメリカ繁盛店研修Zabar’s ゼイバーズ
1940年に、先代が魚のスモークからデリをスタート。
70以上の歴史を誇るニューヨークのゼイバーズブランドを構築した老舗中の老舗で様々な販売記録を打ち出している。



アメリカ繁盛店研修サンドイッチのフィリング



アメリカ繁盛店研修サンドイッチ



アメリカ繁盛店研修代表的なプロシュート



アメリカ繁盛店研修ターキーハム



アメリカ繁盛店研修充実のチーズ売り場



アメリカ繁盛店研修ラズベリーロール
→ロールケーキの次



アメリカ繁盛店研修混雑しているので公正を期すため番号で呼び出し



アメリカ繁盛店研修ZABAR'Sでは22.82ドルの買い物



アメリカ繁盛店研修売上を支えているケータリング



アメリカ繁盛店研修創業のご夫妻


ZABAR'S Cafe

アメリカ繁盛店研修ZABAR'S Cafeも連日ものすごく繁盛している。



アメリカ繁盛店研修1日1,000人近い来客を誇る。


WOLLENSKY'S GRILL

アメリカ繁盛店研修1日1,000人近い来客を誇る。



アメリカ繁盛店研修テーブルセッティング


アメリカ繁盛店研修水もレモンがつくだけで価値がある



アメリカ繁盛店研修これぞ!ハッシュドビーフ



アメリカ繁盛店研修ホワイト・ヴィール(仔牛)
チョップステーキ



アメリカ繁盛店研修プライムリブ(ローストビーフ)



アメリカ繁盛店研修デザート
相変わらずのボリュームです


アメリカデリ食市場研修アメリカデリ食市場研修

著書紹介

著書・女ごころを知ればメシは食える松下幸之助氏の薫陶を受けた弊社古田が日本ビクター・アメリカ社長時代の経験を活かし、女性の活躍するフードビジネス市場に参戦。1日2時間営業で来店600人を作る利益の生み方と、わずか十数坪の店舗を超繁盛店にしたノウハウを綴る。日本人の発想には難しいアメリカ発、女性のお客様「心」の引き付け方、女性スタッフ「感性」の引き出し方など、新しい女性市場・女性心理のつかみ方も公開しています。